2007年 08月 11日
あいよ、あんちゃん!
「はだしのゲン」初の実写ドラマ化

8月10日、11日の2夜連続で放送された「はだしのゲン」。今さらドラマ化もないだろうと思いながら見たんですが・・・ハッキリいってやられました。録画しとけばよかったです。特に中岡進次役(近藤隆太と二役)をやった今井悠貴くんの演技が素晴らしかったですね。まるで漫画から飛び出してきたようでした。他のキャストも良かったのですが、それを忘れるくらい見事な演技でした。
[PR]

by koday7 | 2007-08-11 23:30 | TV・エンタメ | Comments(6)
Commented by なえ at 2007-08-12 07:05 x
あの二人の全力の演技や、なんでこんな表情ができるんだろうと感心していました。
涙したシーンを思い出すとまた泣きそうになります(T_T)
Commented by koday7 at 2007-08-13 00:16
>なえさん 
子供が主役のドラマっていろいろと難しいと思うんですが、あの二人は最高でしたね。特に昔漫画で見た「はだしのゲン」では進次が不思議な雰囲気を持った元気な子という印象があったので実写化は不可能だろうと思ってました。でも・・出逢っちゃいましたね、進次くんに(笑)。探せばいるんですね本当に。久々にいいドラマを見せてもらいました。

それにしてもフジテレビだったから、どうなることかと思ってたんですよ。香取慎吾+西遊記=ナマカー!みたいな例もありますしね。
Commented by トキオ・ポーロ at 2007-08-13 18:44 x
はじめまして! ば○こう○ち・・・さんのトラックバックで貴方のブログを拝見させてもらいました、東京生まれの札幌育ち、福岡博多在住の広島カープファンのトキオ・ポーロです。

「はだしのゲン」は本当によかったです。まさか子役の方達がこれほどすばらしい演技をするとは思いませんでした。フジテレビでは「千の風になって」体験記を引き続き募集することから、今回の視聴率いかんによっては「はだしのゲン」の今回以降のエピソードも放映されるのではないかと思っています。 そうなってほしいですね。

私にとっては「はだしのゲン」は「風と共に去りぬ」と並ぶ愛読書です。
これらの作品は戦争の悲惨さと共につらくてもくじけず生きていく主人公の姿が実に魅了します。「風と共に去りぬ」は昨年10月大地真央主演の帝劇版が博多座で公演され、10回みました。原爆という「風と共に去った」広島でもやってほしかったです。これからもよろしくお願いします。
Commented by koday7 at 2007-08-14 09:46
>トキオ・ポーロさん 
こんにちは。コメントありがとうございます。「はだしのゲン」は実写化でどうなることかと思いましたが、子役達の素晴らしい演技で最高のドラマになっていましたね。私も最初は感情移入できないのではないかと思い不安でしたが、そんな心配はいりませんでした。前編でも後編でも泣いてしまいましたから。

「はだしのゲン」は、原爆と戦争というものを通して、一番怖いのは人間で、また一番優しいのは人間なんだと感じます。自由なことが言えない戦時中に非国民として相手を貶めてやろうという人間の醜さ、一発の爆弾で地獄と化した街でふと出逢う何気ない優しさ。そんな誰もがギリギリの苦しい生活をしている中、元気に裸足で駆け回るゲンの姿がとても印象的ですね。

フジテレビもこれからまたいいドラマを作ってくれるといいですよね。キャスティングも好きな役者さんが多くて絶妙でした。特高警察の役で田中要次さんが出てたのはドンピシャって思いました。
Commented by トキオ・ポーロ at 2007-08-14 10:53 x
>koday7さん、おはようございます。
「はだしのゲン」今もビデオでみています。ちょうど原爆が落ちて悲しい生死の別れのシーンをしているところです。何度見ても悲しいですね。
それにしてもゲンをやった小林廉君と進次と隆太を見事演じ分けた今井悠貴君、見ほれます。

映画「風と共に去りぬ」でもアシュレという主要キャラが「戦争はただ不幸だけが残る」と述べてますし、原作では南北戦争勃発した後に彼が妻に託した手紙に「やはりやるべきではなかった。うまい煽動や偏見を口にする政治家や演説家に騙されて戦争に追い込まれたのだ」と充ててます。
案の定、南北戦争は南部の敗北に終わり、ことこの作品の舞台となったジョージア州はアトランタから海に至る約500キロの地域を50キロから100キロ幅に渡って徹底的に破壊され、殆ど何も残りませんでした。
この時指揮を務めたシャーマン将軍が「我々の敵は南軍だけでなく南軍を支える地域住民とも戦っている。我らはその南部人どもに戦争の恐ろしさを思い知らせてやるのだ」といったそうです。
私はヒロシマの悲劇の原点がそこにあったような気がします。



Commented by koday7 at 2007-08-16 11:30
>トキオ・ポーロさん 
私も後編だけ録画したので見てみました。やっぱり子役二人の演技に感動しますね。前編をと録画しなかった事が残念でなりません。DVDで発売されたら購入したいと思います。前編も少し見てないところがありますから。

映画「風と共に去りぬ」は、また見てみたいと思います。


<< 高校野球      もったいないオバケがでそう >>