2007年 08月 01日
負けたのか・・・
広島3-4中日
7回のノーアウト満塁のピンチで「これは絶体絶命だ」と思いました。なんせ1点もやれない場面で相手は中日の誇る3・4・5番のクリーンナップ。「同点は仕方ないか」と考えるのも無理のない事でしょう。しかし!カープ中継ぎ陣の見事な抑えっぷりで中日打線を無得点。1点もやらずにこのピンチを乗り切る事に成功したのです。

が、終わってみれば広島カープの悲しいまでの逆転負け。「ピンチの後にはチャンスあり」などと言いますが、今のカープはそのチャンスを上手くモノにできてないような気がします。チャンスを作り、そしてチャンスで得点する。それができないのが見ていてなんとも歯がゆいですね。
[PR]

by koday7 | 2007-08-01 00:26 | 広島カープ・野球 | Comments(2)
Commented by gabefunyaa at 2007-08-01 10:19
昨日はRCCスコアを眺めていただけ状態でした。
(体調が悪かったので)
そういえばコージ時代 
佐竹は
・満塁のピンチに出てきてしのぐか
・回の頭から出てきて満塁のピンチを作ってベンチに下がる
で、他のピッチャーがしのぐ
のどちらかだったから、たぶんどうにかなるだろうと思ったら
本当にどうにかなってしまいましたね。

ただ、9回裏のチャンス、ゲッツーマシーンの本領を発揮されたのが辛かった。
Commented by koday7 at 2007-08-01 23:51
>まめさん  
私は満塁のピンチを見ただけでした。正直「こりゃヤバイパターンだ」と思ったのですが、意外とナントカなりましたね(笑)。私は絶対ヤバイと思ってました。ただそれよりも、佐竹のそんな深いトコまで読んでるまめさん恐るべしです。


<< 1点の重さの違い      まさに微妙・・・ >>