2006年 07月 26日
前田が一塁へヘッドスライディング!
巨人2−4広島
今日は9回表のこの場面。一死1・3塁という追加点のチャンスで打者は前田。
どうしても1点が欲しいという場面で前田はセカンドゴロ。お得意のセカンドゴロ。『これでゲッツーか』と思ったその瞬間、なんと前田が一塁へヘッドスライディング!

これが併殺崩れとなりカープは1点追加。このシーンを見て私は『もしかしてこのチームは、後半から強くなるのではないか』と思いましたが、続く栗原があっさりセカンドゴロに倒れ『今までどおりかもしれない』などと呟くのでした。
[PR]

by koday7 | 2006-07-26 01:03 | 広島カープ・野球 | Comments(2)
Commented by gabefunyaa at 2006-07-26 08:33
25日のファーム
私が球場についてからは
・・・淡々と試合が続く(両チームとも無得点)という退屈な展開だったので
損をした気分でした。
まあ河内が1イニングちゃんと投げたのを見たので満足感はあるんですけどね。
Commented by koday7 at 2006-07-27 00:03
>まめさん
今どき河内のピッチングを見られるなんて羨ましいっっ!
彼はまだ頑張ってるみたいですね。ホントに中継ぎでもいいからまた見たいんですけど無理かなぁ。彼の存在は今ではYou Tubeの中だけ・・・。


<< なんて表現すればいいんだろう      伸びてきた >>