2006年 07月 16日
安定している大島
横浜6−5広島
先発の大島投手は安定しています。いつも同じように点を取られます。カープの中では珍しく打線に援護してもらえる投手ですが、すぐに失点して無駄にしています。今日も4回1/3を投げて5失点。また中継ぎ投手に負担をかけてしまいました。
[PR]

by koday7 | 2006-07-16 00:35 | 広島カープ・野球 | Comments(8)
Commented by akabane at 2006-07-16 01:01 x
大島くんはカープの先発陣の中で1番安定してますねw
Commented by koday7 at 2006-07-16 01:28
>akabaneさん
唯一、計算できる投手ですね(笑)。
Commented by ドズル兄@ベイキチ at 2006-07-16 01:39 x
前田、栗原、新井と 3発も打たれ、常に広島ペースの試合展開でしたので、
横浜にとっては儲けモノの勝ち星でしたよ。広島ファンの方々すいません…。

それにしても両軍とも 投手交代しまくりで、さながら投手見本市のようでしたね(笑)。
Commented by koday7 at 2006-07-16 01:52
>ドズルさん
大島が先発すると10点どころか20点取られる可能性もあるので、中継ぎ投手が大忙しになってしまいます。横浜さんは若い投手が出てきてますね。

今は4位といっても、油断できなくなってきたカープでした(笑)。
Commented by gabefunyaa at 2006-07-16 08:35
防御率を見て、こ、これが先発の防御率か・・・とちょっとびびってしまいました。
これだけ援護点がもらえていれば大竹は楽勝なのにねえ。
Commented by tomy-lee at 2006-07-16 11:27 x
初回5点覚悟でしたが・・・同じようなものですね。
腕のフリをもっとしっかりして球威で勝負できる投手になって欲しいです。
いまのままでは小さくまとまってしまって大成はしませんね。
Commented by koday7 at 2006-07-16 18:46
>まめさん
大島の防御率は12点ですけども、もっと失点しそうな雰囲気をもってますよ。時々『試合を捨ててみてみたい』と思う時があります(笑)。
Commented by koday7 at 2006-07-16 18:53
>tomy-leeさん
大島投手は相手打者からしたら全然怖くないでしょうね。これだけチャンスをもらってるのだから何か見せて欲しいですが、いままで何も変わってないように思います。これではカープも苦しいだけですよね。


<< 緒方、必死のアピール      帰ってきた内野手5人制シフト >>