2006年 07月 15日
帰ってきた内野手5人制シフト
横浜2−1広島(延長10回サヨナラ負け)
10回裏、一死満塁という1点もやれない大事な場面で4月22日以来の内野手5人制シフトが帰ってきました。こうなりゃ一か八かの大勝負!あとは打球に聞いてくれ!かと思ったら、なんの事はないワイルドピッチでサヨナラ負け。もうここまでくると逆に笑ってしまいましたよ。

*過去記事
4月22日の内野手5人制シフト
[PR]

by koday7 | 2006-07-15 00:42 | 広島カープ・野球 | Comments(6)
Commented by ドズル兄@ベイキチ at 2006-07-15 01:04 x
噂に聞く 内野手5人シフト…。ブラウン監督の度胸満点ギャンブラー振りには脱帽ですわ。
おそらく あの暴投が無ければ、古木の内野ゴロゲッツーは確実でしたね。
まぁとりあえず、横浜ファンのオレとしては素直に喜びたいと思います♪

広島は明日の試合、先発投手は誰になるの?
Commented by ドリフ200x at 2006-07-15 01:04 x
いよいよ0.5差ですか・・・・(^^;

大変だな、原監督も。(w
Commented by koday7 at 2006-07-15 01:05
>ドズルさん
いやぁ負けましたわ(笑)。内野手5人制シフトは、両軍ベンチ・プレーヤーそしてファンをも緊張の渦に巻き込む素敵なシフトですが、欠点としては・・・いつもバッテリーミスで失点してしまうというところですかね。ジェットコースター式に緊張が解けるでしょ(爆)。
Commented by koday7 at 2006-07-15 01:10
>ドリフさん
横浜が勝って巨人が負けると巨人は最下位になりますね。でも横浜が勝つという事はカープが負けるという事なので複雑なところではあります(笑)。
Commented by gabefunyaa at 2006-07-15 09:37
内野手5人シフトを実現するために
外野手・内野手両方経験ある選手をベンチに入れているような
・・・んなわきゃないか!

三度目の正直,次にチャレンジする時にはぜひ成功させて欲しいですね。
Commented by koday7 at 2006-07-15 21:31
>まめさん
今回の内野手5人制シフトで思った事は『二度あることは三度ある』でした。もしまたやるような機会があれば絶対に成功させて欲しいです。それにしてもブラウン監督は面白いですよね。こんなのあまりないですもん(笑)。


<< 安定している大島      黒田が投げて梵が打った >>