2006年 07月 13日
嘆く事はない
阪神4−2広島
昨日『8安打して1点しか取れなかった』と書いたんですが今日は『8安打して2点』でした。まぁ進歩してる事は認めるんですけど、もう少し点を取っても罰は当たらないです。赤ヘル打線はダイヤモンドを走り回って輝くもの。2点打線という意味じゃありませんよね。

まぁ今日は負けてしまったんですけど、あまりガッカリはしてません。
むしろ『佐々岡はまだまだイケる!』『中継ぎは大崩れしなくなった』という事を再認識した試合でした。
[PR]

by koday7 | 2006-07-13 00:48 | 広島カープ・野球 | Comments(4)
Commented by gabefunyaa at 2006-07-13 06:37
んと阪神は一発でないと点が取れない病。
カープは
チャンスに点が取れない病。のようです。
試合時間短縮に協力してるだけ、と言い訳されそうですけどね。
Commented by 蒼井マングース at 2006-07-13 10:13 x
現地で観戦していると
嘆かずにはおれませんオロローン
ヒーローインタビュと大歓声を背に帰路に着くときが
本当に悔しくて虚しいです。
Commented by koday7 at 2006-07-13 22:15
>まめさん
阪神は一発で攻めてきましたね。大事なトコで打てるというのは羨しい。カープはチャンスをモノにできない試合が多いですが、投手陣が結果を残してくれてるので悪くないと思います。
Commented by koday7 at 2006-07-13 22:19
>蒼井マングースさん
おっ・・お疲れさまです(汗)。確かに現地で観戦してると今のカープは厳しい状態だと思いますが、昨年の『いくら打っても点を取られる』に比べれば、まだ勝負ができている状態だと思います。

相手の打線も打てない時がありますので、投手陣のこの踏ん張りは、これから良い結果を残してくれると信じてますよ。


<< 黒田が投げて梵が打った      厳選された口説き文句!? >>