2006年 06月 19日
ブラウン監督とヒルマン監督
日本ハム5−6広島
今日は最後の方しか見てないんですが『もしブラウン監督とヒルマン監督が話をすれば、ガッカリ自慢大会になるのではないか』と思いました。なんていうか『北の大地にもうひとつの広島カープを見た!』というような感じです。先頭打者は出すものの点には繋げられない日本ハム。ランナーは出すもののバントで送れない広島カープ。最後はカープが勝ちましたが、ヒヤヒヤものの勝ちでしたね。

ガッカリしてうなだれた姿の小早川コーチ!面白すぎます。
あんなぬいぐるみなら欲しいと思いました。
[PR]

by koday7 | 2006-06-19 01:05 | 広島カープ・野球 | Comments(2)
Commented by gabefunyaa at 2006-06-19 07:02
うなだれていたのは・・・GAORAの17日のアナウンサーに
「カープの小川(おがわ)打撃・・・小早川(こばやかわ)打撃コーチ(略)」

全国に全くの無名(?)であることを暴露されたからかもしれませんw
Commented by koday7 at 2006-06-19 21:45
>まめさん
現役時代には江川に引導を渡すホームラン、ヤクルト時代には開幕戦で斎藤雅から3打席連続ホームランなど華々しい活躍はあったのですが、それ以外はあんまり・・・だからでしょうか。走ったらクマさんみたいで結構可愛いんですけどね(笑)。


<< ワールドカップ、にゃ〜      追い上げも届かず >>