2006年 06月 17日
前田と新庄
日本ハム2−3広島
途中経過を見ると負けてたので『ヤバイ』と思ったのですが勝ったみたいですね。後半に逆転したと言うことは投手の踏ん張りもあったのでしょう。相手より1点多くとれば勝てるという試合ですよね。

それにしても今日の試合は面白い。派手なパフォーマンスで有名な新庄がホームランで先制すれば、地味?であまり表に出たがらない前田の犠牲フライで逆転するという試合でした。ホント対照的な2人ですよね。ジーンズが似合わなくなるから脚を鍛えるのをイヤがったという新庄。その脚を故障してしまい試合に出たくても出れなかった前田。今日のホームランと犠牲フライは、この2人をよく表していると思います。
[PR]

by koday7 | 2006-06-17 01:18 | 広島カープ・野球 | Comments(4)
Commented by gabefunyaa at 2006-06-17 09:28
相手のエラーや後逸でチャンスをもらって得点していたので、
なんか引っかかるものがあったのですが…,
昨年はこうして相手チームに得点をプレゼントしまくっていたのか!
という事に思い当たりました。
そして、本年の虎・兎にはプレゼントをくれるチームが減少しているのかもしれません。
Commented by koday7 at 2006-06-18 00:04
>まめさん
なるほど、そういうことだったんですね。でも今年は投手陣が踏ん張ってくれてるので打線が援護をすれば、なんとかなるような試合も多いですね。ただ・・・エラーは相変わらずですが(トホホ)。
Commented by kao at 2006-06-18 01:09 x
なんというか、ドタバタしない試合が観たい…。
エラーとか炎上とか拙攻とかダブルプレーとか盗塁死とか、もうイヤなのねん。
負けてもいいからプロの試合をフツーにやってもらえないかなぁ…。
と、夜中に思うわけですよ(トホホ)
Commented by koday7 at 2006-06-18 01:57
>kaoさん
今、カープは野球の悪い所ばかり実践してるみたいですよね。「ああやってこうやると、こんな感じで負けるワケです」みたいな(笑)。ドタバタして点を失い、ジタバタしても点が取れないという不思議な野球をやっています。私も最近、勝った負けたより、まず「今日は野球をやってるかな」というのが気になってます。


<< 追い上げも届かず      噛みあわないか・・・ >>