2005年 12月 17日
フィギュアスケートGPファイナル (フリー)
優勝の浅田「びっくりとうれしいでいっぱい」

引き続きフィギュアスケートのお話です。実は昨日で終わりだと思っていたのですが、今日が重要なフリー演技だと気づいて慌てて書いております。今日書かなくては意味がありませんよね。

優勝は浅田真央選手でした。女王イリーナ・スルツカヤを抑え見事な成績。
3位には中野友加里選手が入りました。昨日の不満も少しは解消したんじゃないでしょうか。4位には安藤美姫選手でしたが、残念ながら転倒が多かったようです。4回転ドリーマーというキャッチコピーですが、いまだに4回転を見れないのは残念ですね。

さてさて優勝した浅田真央選手ですが、年齢制限でトリノは難しそう。
国際スケート連盟のオッタビオ・チンクアンタ会長が「特例措置は適用しない」と明言したそうです。『一番上手い人が出場できないオリンピック』って、なんだかもったいない話ですよね。
[PR]

by koday7 | 2005-12-17 22:15 | ニュース | Comments(4)
Commented by ロビオ at 2005-12-18 16:36 x
TBありがとうございました。
特例処置 なんとかならないのでしょうかね。チャンピオンなのに。
Commented by koday7 at 2005-12-18 19:06
>ロビオさん
日本スケート連盟もあまり前向きではないようで、特例措置は難しそうな状況ですね。オリンピックという大きな舞台であのスケーティングを見てみたい気もします。やはり世界が注目しますから期待したいのですが・・・。
Commented by 「感動創造」 at 2005-12-19 00:56 x
コメントありがとうございます。

そうですね。なんとかしてほしですよね。
ブログの世界でも盛り上げていければいいんですけどね。

今後もよろしくお願いします!
Commented by koday7 at 2005-12-19 01:56
>感動創造さん
何の気なしに書いてみたスケートネタだったんですが、ブログではあちらこちらで盛り上がってるみたいですね。今は日本スケート連盟も国際スケート連盟も「特例措置はナシ」の方向ですけど、なんとかなればいいんですけどね。また宜しくお願いします。


<< 新井が契約更改      フィギュアスケートGPファイナ... >>