2005年 12月 09日
新語大賞
新語大賞:「ポッドキャスト」に決定

米国の『オックスフォード英英辞典』の編集部は、2005年のワード・オブ・ザ・イヤー(新語大賞)を「ポッドキャスト」に決定したそうです。そういえばチョコチョコ聞いたような言葉。詳しく説明しろと言われれば言葉に詰まるが、なんとなく分かる感じの「ポッドキャスト」。ちょいモテオヤジとはちょっと違う(笑)。

それにしてもネット始めるようになってから新しい言葉が増えた気がする。いつの間にかホームページもブログに変わっていった。私自身も最初はブログなんてよく分からなかった。でも今ではブログを書いているから面白い。

そういえば私の姉もパソコンを使う。しかしデジタルモノにはサッパリな様子。
先日も「パソコンの調子が悪い」と言って電話をしてきた。とりあえず、どんなメールソフトを使っているのか聞いてみたところ「メールソフトなんか使ってない!」と思いっきりメールで言われてしまった・・・きっと念力か何かで送ったに違いない(笑)。

すでに誰でも使えるパソコンとインターネット。
これからもどんどんいろんな言葉が出てくるんだろうなぁ。
[PR]

by koday7 | 2005-12-09 00:47 | ニュース | Comments(2)
Commented by mitsuwo40 at 2005-12-10 17:08
私の中の「こださん像」(想像)に、「お姉さんはエスパー」
という項目が加わりました(笑)

いやでもホント、PCやネット用語って覚えたつもりでもすぐ忘れちゃう
んですよねー。
も少し頭が柔らかい頃からネットとか出来ていたら違ったんでしょうが。
30代って、PCの活用には微妙な年代だとつくづく思います…。
Commented by koday7 at 2005-12-10 21:39
>みつをさん
ホントにエスパーならある意味助かるんですが、この間も「パソコンに画像を保存したんだけど、どこ?」と私には分からない質問をされてしまいまして困っとりますよ。

ネット用語は使っていくうちに覚えるんでしょうね。
パソコン用語で言うと、私はまだコロンとセミコロンの区別があやふやな状態です(笑)。でもまぁいいかな。30代は一番ネットに最適な年代じゃないかと思いますよ。リアルな現実の上にネットがある、と。これ子供の頃からネットしてるとちょっと怖いかなと思いますもん。


<< 大竹投手、契約更改      あぁ〜あ >>