2012年 04月 20日
今回のDeNA戦で
○<広島3-0DeNA>大竹復活「プレッシャーあった」
○<広島8-1DeNA>マエケンDeNAを返り討ち!
○<広島6-1DeNA>福井初回失点も立ち直って初勝利


今回のDeNA戦でちょっと気になったこと。
マエケンの後に出てきた岸本投手が不安定だったことです。

完封・完投ペースで投げていたマエケンに交代して9回は岸本投手。
いきなり先頭打者に四球を与えてしまい、あっと言う間に1失点。
こうなるとどういう場面で出てくるのがいいのか解らなくなります。

僅差の勝ちゲームでは、追いつかれてしまいそう。
僅差の負けゲームでは、追いつくムードが作れない。
大差の勝ちゲームでは、試合の流れが悪くなる。
大差の負けゲームでは、試合自体が終わらない。

今年は特に接戦が多いですから、四球の数は減らしたいですね。





.
[PR]

by koday7 | 2012-04-20 22:00 | 広島カープ・野球 | Comments(0)


<< 3連敗      ワイルド新聞 >>