2009年 04月 14日
今年はいろいろ面白そう
セ・リーグが開幕してカープは巨人戦に勝ち越しました。このときブログを書いていれば良かったのですが、続く阪神戦ではまさかの大逆転サヨナラ負け。これでタイピングする気力もなくなり脱力感が。しかしここは長谷川が踏ん張り、続く新球場こけら落としの中日戦へと繋いでくれました。それなのに、まさかルイスが大量失点。ちょっとどうなる事かと思っていたら、前田健太と篠田の両投手が二日続けて完封勝利。いやぁ、久々に気持ちのいい試合でした。

今年のカープは特に若手投手に期待しています。
前田健太、篠田、斉藤の三人には先発としてどこまで伸びるのか、成長するのか楽しみにしたいと思います。また「永遠の次期エース」大竹投手も5年後くらいまでに成長してくれればいいと思います。

ルイスで勝つ、マエケン&篠田&斉藤で楽しむ、大竹で凹む、という図式になりそうです。
[PR]

by koday7 | 2009-04-14 01:00 | 広島カープ・野球 | Comments(2)
Commented by gabefunyaa at 2009-04-14 06:33
こださん、じゃ、「長谷川が踏ん張り」ってのは、
「永遠のエース候補」の意地の見せ所ですか?

さて、昨年はファームではすごく調子の良かった大島ですが。
本年は
一昨年と同じ燃える男になってしまったようです。
篠田や斉藤においていかれるどころか、
今井との競争にも勝てないかもしれません・・・。
Commented by koday7 at 2009-04-17 02:02
>まめさん 
レス遅くなりました。
今年の長谷川は意外と踏ん張ってますね。まだどうなるかわかりませんが、好投を続けてます。大竹投手よりは期待できそうな気がしますよ。ただ信頼度は同じくらいなんですけど。

大島投手、そんな事になってますか。
相変わらずマウンドさばきは挙動不審なのでしょうか。
こりゃ冗談抜きに置いていかれそうですね。貴重な左腕なのに…。
河内は!(笑)


<< たまに      ありがとう、広島市民球場 >>